アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ありすの国の逸話集
ブログ紹介
こちらは王国で起きる日々の出来事などをちょこちょこと紹介してゆくページです☆
(・・脳内妄想が主だったりしますが^^;)

せっかくのご縁なので時間がおありの方はどうぞゆっくりしていってくださいな♪

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
自動車学校
 自動車学校・・。もう何年前のことでしょうか、足しげく通ったのは。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/27 22:47
明日への少女小説(ロマンスの始まり27)
「え〜、余裕じゃん。何してたの?」 う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/16 23:31
明日への少女小説(ロマンスの始まり26)
「どお〜、ヨシユキ勉強進んでる?」 「佐知。」 はす向かいの席からやって来たのは、中学からの友人の天沼佐知。 当然私の勉強に対する姿勢や大体のオツムのレベルもよくわかってるはずで… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/14 01:14
明日への少女小説(ロマンスの始まり25)
そんな風に幸福な気持ちでその日1日の終わりを迎えたのだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/11 23:36
明日への少女小説(ロマンスの始まり24)
ハルトは家の前まで送ってくれて、いつもの様に真っ黒な空へと帰って行った。 今度は私の行きたい所に連れてってくれるって。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/11 00:59
明日への少女小説(ロマンスの始まり23)
でもね、ハルト、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/10 00:16
明日への少女小説(ロマンスの始まり22)
「あー、あれで取られてたら流れ変わっちゃったかもしれないしなー」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/09 00:21
明日への少女小説(ロマンスの始まり21)
「ああ、あれ…」 八回の守備の時にツーアウト二塁でキャッチャーが投球のキャッチミスをして、あわや追加点取られそうになったんだった。 観客からも悲鳴があがって、本当にヒヤヒヤしたよ〜。 「でも三塁で止まってよかったよねー。だってあれで点入ってたら…」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/08 00:26
明日への少女小説(ロマンスの始まり20)
 応援の甲斐あってか、無事ひいきのチームが6対3と勝利をおさめたその帰り。 「あぁー、楽しかった。」すっかり野球ファンになった私にハルトも満足そう。「うん。俺も楽しかった。」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/06 23:38
明日への少女小説(ロマンスの始まり19)
(嬉しい…。) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/06 00:07
明日への少女小説(ロマンスの始まり18)
なんか… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/04 23:44
明日への少女小説(ロマンスの始まり17)
ええーっ!? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/04 00:00
明日への少女小説(ロマンスの始まり16)
「何か飲む?喉乾いたでしょ?」 「ううん。まだあるから大丈夫。」 と言ってジュースの入ったコップを振ってみせると 「ああ、いいよ。」 って 「俺飲んじゃうから。」 あっさり私の手元にあったカップを口に運んでいた。 わ…!? 「冷たい方がいいでしょ。お茶でいい?」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/01 23:43
明日への少女小説(ロマンスの始まり15)
その甲斐あってか点差2対0のまま後半戦へと突入。ふぃー。疲れた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/01 00:08
明日への少女小説(ロマンスの始まり14)
「ああ!種本出た。ほら、メガホン持って―」 オレンジ色のメガホンを手渡されて一瞬は戸惑ったけど、周囲の盛り上がりにつられて私のテンションも徐々に上がってくる。 「恥ずかしがらないで応援しないと!美幸の応援が足りないと勝てないかも。」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/29 23:52
明日への少女小説(ロマンスの始まり13)
「そっか。じゃあ今日から好きになるよ!わかんなかったら何でも聞いて。てか解説するから…!」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/29 00:19
明日への少女小説(ロマンスの始まり12)
気づけばシャツの袖もまくり上げてすっかり臨戦態勢。 「うん。ナマで見るの久しぶりだし…美幸は初めて?」 「実はねー。」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/26 23:53
明日への少女小説(ロマンスの始まり11)
ビニールからお弁当やらメガホンやら取り出してくれながら野球好きぶりを披露してくれる。 そういえばいつも私のこと話してばっかりでハルトの話ってあんまり聞いたことなかった。 「今年は種本が入ったからリリーフはばっちりなんだけど、抑えがなあ…」 その表情たるや・・すんごい楽しそー! 話しによると去年は横浜に負けてリーグ優勝を逃したらしく、今期は絶対に負けたくないのだとか。 自分でするんじゃないのに(笑) 言葉の意味がわからないとこが所所あるけどよっぽど面白いんだね、きっと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/25 23:52
明日への少女小説(ロマンスの始まり10)
(遊園地かと思えば…!) 「ほらっ、美幸!コーラとメガホン♪」 「ありがと…。」 たどり着いたのは某遊園地に隣接しているベースボールスタジアム。 同じ駅だからてっきり遊園地の方だと思ってた。 てゆうかハルト、本当に自分が来たいところ来たんだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/25 00:32
明日への少女小説(ロマンスの始まり9)
「本当?」 それなら、その方がいいな。 だってそう言うハルトの表情はどことなく嬉しそうで、私までわくわくしてくる。 「じゃ、行こう!」 「電車で行くの?」 改札への階段を上ろうとするハルトに尋ねるとどことなく自慢げに 「当たり前だろ。俺彼氏だよ。彼氏は飛ばないからね。JR使うよ。」 JR乗るなんて普通のことなのに誇らしそうなのがなんか可愛い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/23 21:04

続きを見る

トップへ

月別リンク

ありすの国の逸話集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる